夫婦円満調停の流れ

夫婦円満調停の流れ

夫婦円満調停申立から第1回夫婦円満調停の流れ

夫婦円満調停流れを、簡単に説明します。各家庭裁判所の込み具合や調停委員によって異なりますので、ひとつの目安と思ってください。

まず、家庭裁判所で夫婦円満調停を申し立てます。

申立後2週間くらいで、第一回調停期日が記載された呼出状が双方の住居に届きます。
それには、第1回目の期日が記載されています。
第1回目の期日は、だいたい申立から1ヶ月くらい後が多いみたいです。もちろん、これらの期間は込み具合により変わってきます。

そして、第1回目の夫婦円満調停の日を迎えます。
調停当日は、遅刻しないように10〜15分くらい前には着くようにしましょう。

家庭裁判所に着いたら、待合室で待ちます。

そして、呼ばれたら調停室に入ります。
調停室には、基本的に申立をしたほう(申立人)が先に呼ばれ入ります。

そこには、男女1名ずつの調停委員がいます。
そして、調停委員等が自己紹介をし、夫婦円満調停の進め方や調停が何なのかというようなことを説明してくれます。

そして、いよいよ夫婦円満調停が始まります。
まずは、夫婦円満調停を申し立てた経緯を聞かれることが多いでしょう。

だいたい30分くらい色々と話を聞いてもらったり、質問に答えて、一度調停室を出て、待合室に戻ります。

待合室で待っている間、今度は相手方が調停室に呼ばれ、調停委員が相手方の主張を聞き、こちらの主張も伝えてくれます。
それを踏まえて、相手方の主張を聞いたりしてくれます。
そして、相手方は、待合室に戻り、再び申立人が調停室に呼ばれ、先ほど聞いた相手方の主張などを伝えてくれ、色々な話をきいたり、提案をしてくれたりします。この時間も基本は30分です。そして、また待合室にもどり、今度は相手方の番になります。

このように約30分を2回ずつ交互に調停をしながら、第1回目の調停は終了します。
1回の調停は、約2時間と考えてください。

まあ、たいていは第1回目の調停が成立することはないでしょうから、次の第2回目の夫婦円満調停の期日が提示され、双方がOKなら、これで第1回目の夫婦円満調停は終了となります。
次の調停は、たいていは1ヶ月をめどに組まれますが、2ヶ月先ということもあるでしょうし、2週間ということもあるかもしれません。

提示された期日が無理だったら無理と言っても構いませんよ。

この、終了の時点で、「夫(妻)に対して何ができるのか、どういう風にすればいいのか具体的に考えてきてください」といった宿題が出されることもありますので、考えておきましょう。

2回目夫婦円満調停からの流れ

第2回目の夫婦円満調停も第1回目とほぼ同じ流れと時間配分であることが多い。つまり、約30分ずつ交互に2回ずつ話を聞かれるということです。

少し違う点といえば、1回目の離婚調停終了時に考えてきているべきことを踏まえて、第1回目より具体的な話が始まるという点です。要するに、話がより突っ込んだ内容になることです。

2回目で、夫婦円満調停が成立しなかった場合は、3回4回という風に、夫婦円満調停が成立、または不成立になるまで続きます。

夫婦円満調停が不成立にならないためにも、やれる事はやっておきましょう。
以下のマニュアルは、壊れかけた夫婦が、ラブラブ夫婦や円満夫婦になるためのノウハウが詰まっています。

少し高いと感じる方もいると思いますが、この値段で円満な夫婦が取り戻せれば安いものです。それに、夫婦修復カウンセリングを1回受けるだけでも5千〜2万円はかかります。そう考えると安いものです。
さらに、効果がなかった場合の、180日間の返金保障つきです。

もし、興味があれば、以下をクリックして一度のぞいてみてください。

■ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

壊れかけた夫婦関係を修復するのは並大抵ではありません。
覚悟を持ってやれることはすべてやっておきましょう!!

 ・離婚を言い渡された人への離婚回避ノウハウの目次のページへ
 ・HOMEへ

離婚考えている方へ!まだあきらめるのは早い!

このサイトを見ているあなたは、夫婦仲が冷え切っていたり、離婚の情報を調べている方が多いと思います。しかし、心から本当に離婚しかないと思っていますか?可能であれば夫婦修復したいと思っていませんか?ラブラブ夫婦

絶対に離婚だと思っている人以外は、だめもとで夫婦修復を目指してみませんか?夫婦修復を試してから、それでもダメなら離婚という選択をしたらどうでしょうか。

夫婦修復の基本は、「相手を知り、自分が変われば相手も変わる」です。

では、いったいどうすればいいのか?については、こちらのページを!


このページのトップへ