夫婦円満調停とは

夫婦円満調停とは

夫婦円満調停とは、家庭裁判所で行われる夫婦関係調整調停のひとつです。円満調停ともいわれています。
ちなみに、もうひとつの夫婦関係調整調停は、離婚調停です。

この夫婦円満調停ですが、大雑把にいうと、男女1名ずつの調停委員といわれる中立の人を間に入れて家庭裁判所で行う夫婦がなんとか離婚せずに離婚回避してやっていこうという話し合いと考えてください。

話し合いなので、申し立てから調停自体まで難しいことはなく、弁護士なんか全く必要ありません。そもそも夫婦円満調停で弁護士を立てたら、相手はどう思うとおもいますか?

普通は「ふざけんな!!」と思うでしょう。だから、自分だけで手続きしてください。

夫婦円満調停がうまくまとまれば、成立として調停調書ができますが、強制力はありません。夫婦の約束を書面にしただけという感じです。

ただ、やはり家庭裁判所という厳格な場所で行われる調停という話し合いなので、頭をクールにしてもう一度冷静に考える機会になるという利点はあります。

あと、調停委員から、離婚した場合は、こういう問題が発生したり苦労するという話も聞ける場合もあります。要するに、今、離婚した場合のデメリットを教えてくれることもあるということです。そういうことを踏まえて、本当に離婚でいいのか?軽く考えていないのか?と確認してくれることもあるわけです。

夫婦円満調停は、そういった意味で、夫婦だけの話し合いではどうにもならないが、なんとか離婚を回避したいという人にはいい制度だと思います。

ただ、あくまで相手が出てこないと、不成立に終わり、夫婦円満調停を申立てした意味がなくなります。   

こんな時に夫婦円満調停を

夫婦円満調停申立てする人は、離婚の危機に瀕していて「なんとか離婚をしたくない」という思いがあることが前提だと思いますが、その状態で、特に、以下のような方は、夫婦円満調停の申立てをすることを検討してみてください。

ただ、やはり、いきなり家庭裁判所から呼出状がくると腹が立ち余計にこじれてしまうかもしれませんので、場合によっては、夫婦円満調停を申し立てることを伝えたり、同意をもらってから申立てをしたほうがいいかもしれません。

・子供のためには離婚だけはなんとかとどまりたいと思っている人

・二人で話をするとけんかばかりで、全然話し合いにならない夫婦

・相手にどうしても直してもらいたいところがあり、それが直らない限りは離婚というところまで来ているが、何度もそれを言っているのにいっこうに直してくれない人

・夫や妻が実家に戻って、連絡をしても繋がらない状態の人

・やり直しのための前向きな冷却期間として期間を決めて別居をしたが、それが過ぎても別居を解消しない場合。

・浮気をされて、どうしても自分ひとりでは気持ちを抑えきれないという人

・DVで、対等の話ができないという人。

・マザコンや特殊な性癖等で、本人はそれが普通だと思っていてそれが我慢できない人。

以上のような方は、結果はどうであれ夫婦円満調停が、ひとつのきっかけになるのではないかと思いますので、申立てを検討してみてください。

また、夫婦円満調停を申し立てる前でもやれることはやっておくべきです。
以下のマニュアルは、壊れかけた夫婦が、ラブラブ夫婦や円満夫婦になるためのノウハウが詰まっています。

少し高いと感じる方もいると思いますが、この値段で円満な夫婦が取り戻せれば安いものです。それに、夫婦修復カウンセリングを1回受けるだけでも5千〜2万円はかかります。そう考えると安いものです。
さらに、効果がなかった場合の、180日間の返金保障つきです。

もし、興味があれば、以下をクリックして一度のぞいてみてください。

■ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

壊れかけた夫婦関係を修復するのは並大抵ではありません。
覚悟を持ってやれることはすべてやっておきましょう!!

夫婦円満調停で聞かれること

夫婦円満調停ということは、基本的に夫婦が円満でないということと、何とかしたいという思いがある事が前提だと思います。

なので、調停委員は、円満でなくなった原因を探りつつ「何が不満なのか?」「相手に対してどういったことをしてあげられるのか?」「相手に対して何をしてもらいたいのか?されてほしくないのか?」「どういう風にすれば円満にいくようになるのか?」といったことをカウンセリングマインドを持って聞かれることが多いようです。

あと、調停委員は、夫婦は同居して互いに扶助しあうという民法に基づいて、基本的に双方が調停に出てきているのであれば、可能な限り夫婦修復という流れで調停を進めていきます。

そのために、時には、「離婚をするとこんなに大変なことになる」といった説教を受けることもあります。

とにかく、相手が出てきてくれるのであれば、何らかの話し合いはできると思いますので、夫婦関係をなんとか円満にしたいという方がいれば、夫婦円満調停の申立てを検討してみてください。

ちなみに、弁護士は争いを大きくする専門家なので、夫婦円満調停において弁護士を立てる必要は全くありません。相談をするなら、夫婦修復が目的なので、修復にも力を入れているちゃんとした離婚カウンセラーが一番だと思います。

夫婦円満調停の申立て手続き方法・費用

夫婦円満調停の申立ては、相手方の住所地を管轄する家庭裁判所にすることになります。または、夫婦で合意した家庭裁判所です。

申立ての費用・手数料は、収入印紙1200円分と郵送料としての切手または切手代です。切手代は家庭裁判所によって異なるかもしれませんので、管轄家庭裁判所まで問い合わせてください。

申立てに必要なものは、離婚調停と共通の申立書(家庭裁判所にあります)と費用と戸籍謄本です。他にも、必要になるものがあるかもしれませんので、問い合わせしておく方が無難でしょう。

夫婦円満調停の申立て方法は、管轄家庭裁判所に必要なものを用意して持って行って、申立書を書いて手続きをするだけです。書き方が分からない場合は、印鑑(認めでいいです)を持参して家庭裁判所で聞きながら直接手続きをしてください。

ちなみに、書類さえきちんとしていれば、申立ては郵送でもできます。

 夫婦円満調停の流れは、こちらへ

 ・その他の離婚回避ノウハウの目次のページへ
 ・HOMEへ

離婚考えている方へ!まだあきらめるのは早い!

このサイトを見ているあなたは、夫婦仲が冷え切っていたり、離婚の情報を調べている方が多いと思います。しかし、心から本当に離婚しかないと思っていますか?可能であれば夫婦修復したいと思っていませんか?ラブラブ夫婦

絶対に離婚だと思っている人以外は、だめもとで夫婦修復を目指してみませんか?夫婦修復を試してから、それでもダメなら離婚という選択をしたらどうでしょうか。

夫婦修復の基本は、「相手を知り、自分が変われば相手も変わる」です。

では、いったいどうすればいいのか?については、こちらのページを!


このページのトップへ