夫に一人の時間をあげるのが夫婦円満のコツ

夫に一人の時間をあげよう!

女性に理解できない男性の習性のひとつに「一人でいる時間を好む」というのがあります。

これは、文字通り、一人でいる時間を持ちたいという欲求です。ただ、決して一人を好むということではありません。もうちょっと分かりやすく言うと、自分だけの時間をたまには持ちたいという事です。

例を出して説明します。

お付き合いを始めたり、また、結婚したりすると、今までは一人でがんばっていたことを分担できるようになります。得意なジャンルを引き受けたりすると、とても効率的になりますよね。

また、二人なら多少広めのマンションに住んでも、それぞれがワンルームマンションに住むよりも安くすみますし、同じように、食事も洗濯もみな効率的になります。

そんな風に、2人でいるメリットはとても大きいのですが、男性の中には、たまには一人になる時間がないと、どうも心のバランスが崩れるという人も多いのです。

それはまるで、毎日、植木鉢のお花に水をあげたり、日光に当ててあげたりするのと同じように、彼にも一人にしてあげる時間というのが必要ということです。

よく、夫婦喧嘩のピークに「ちょっとコンビニに行ってくる」とか「公園に行ってくる」という男性がいます。

女性から見たら、夫婦ゲンカの話し合いから逃げ出すかのように感じられるのですが、男性のほうはといえば、実はコンビニに行きたいわけでも、公園に行きたいわけでもなくて、精神安定を図るために一人になりたいと感じているわけです。

他にも、トイレに本や雑誌を持ち込み、1時間近くも出てこないという夫がいると思いますが、これは手軽に一人になれる場所が、夫にとってはトイレということなのです。

また、女性のみなさんには、喫茶店に行ったときに観察していただきたいのですが、一人で喫茶店に来ている男性の多いこと多いこと。あるいは、2人以上で来ていたとしても、会話するわけでもなく、それぞれが雑誌や新聞に読みふけっている光景を目にするでしょう。

女性は一人で喫茶店に行くことは少なく、2人以上で行った場合は、当然のようにおしゃべりに夢中で、お互いに雑誌や漫画を読みふけっているなんてことほとんどありませんよね。

それから、同棲しているカップルの場合、一緒にいる時間に彼がいきなりテレビゲームを始めてしまうというパターンも少なくないようです。

物理的には、2人はワンルームマンションなどの狭い空間で、すぐそばにいるわけですが、彼の意識としては、テレビゲームの中に入ってしまうことで、自分一人だけの空間に入りこんでいるといえるようです。

イヤホンをつけ、iPodやウォークマンなどで音楽を聴いている男性も同じかもしれません。

そんなときに、女性が話しかけると機嫌が悪くなったりしますが、それは、せっかく入りこんだ一人の世界を邪魔されるからだと考えられます。

テレビドラマでは、よく主人公の男性が行きつけの居酒屋などにいて、カウンターの隅で手酌酒などをやっているシーンがあります。

女性から見たら、一人でごはんを食べたり、お酒を飲んだりなんて、「なんて寂しげなこと」と思われるでしょうが、あのタイプの男性たちは、それを「寂しい」ではなく「自由」と感じているのです。

男性が読む雑誌には、「男の隠れ家」「一個人」といったタイトルのものがありますが、ほとんどの男性は、それらの雑誌を「自由」を求めて読んでいると思えます。

男性がする一人旅にしても、寂しかったり、悲しかったりするものではなく、すべてから解放されて、好きなことのできる「自由な旅」と男性は考えているわけです。

どうです?女性のみなさん、理解できましたか?男性のみなさんは「うんうん」「そうそう」と思います。

で、ことに結婚して夫という立場になった男性は、妻から、やれ家事をしろだの、子供の面倒をみろだの色々と言われ、一人になる時間を失います。夫からしたら窮屈でたまらない。

もし、妻と子だけでショッピングモールにでも1日中買い物に行って、自分は一人家で一日中お留守番なんて日の、開放感や疲れがとれる感といったらたまりません。

私も、夜に一人でバイクを走らせツーリングに出ることがありますし、一人ドライブをしている人は多いでしょう。男性はマシンやメカが好きなのはありますが、これも一人になりたい欲求を満たす行動と言えます。

この欲求が満たされないとストレスをためたりして、夫婦ゲンカになったりします。

と考えると、奥様は夫の自由を認めてあげてください。といっても、完全フリーにするのも得策ではありませんので、たまには、家族からも仕事からも開放されて一人の時間を謳歌できる日を表だって設定してあげましょう。

そうすれば、その一人の時間を謳歌できる一日をご褒美と感じて、仕事や家庭をより頑張ってくれると思います。

という事で、夫婦円満の秘訣として、女性のみなさん、夫へのご褒美の一つとして、たまには一人になれる時間と空間を与えてあげてくださいませ。できたら、月に1度くらいあげてください、というか、月に一度がベストです。

なお、一人の時間の後に、根掘り葉掘り「何していたの?」なんて聞かないでくださいね。パァになりますよ。もしどうしても聞きたいなら「楽しかった?」くらいにしておきましょう。うまくいけば、この一言で自主的に話してくれます。

これが奥様が旦那様にしてあげられる夫婦円満コツ、それもかなり有効な秘訣のひとつです。

 ・その他の夫婦円満のコツ・秘訣の目次ページへ
 ・離婚回避ノウハウの目次のページへ     ・HOMEへ

離婚考えている方へ!まだあきらめるのは早い!

このサイトを見ているあなたは、夫婦仲が冷え切っていたり、離婚の情報を調べている方が多いと思います。しかし、心から本当に離婚しかないと思っていますか?可能であれば夫婦修復したいと思っていませんか?ラブラブ夫婦

絶対に離婚だと思っている人以外は、だめもとで夫婦修復を目指してみませんか?夫婦修復を試してから、それでもダメなら離婚という選択をしたらどうでしょうか。

夫婦修復の基本は、「相手を知り、自分が変われば相手も変わる」です。

では、いったいどうすればいいのか?については、こちらのページを!


このページのトップへ