賢い家事の分担の仕方は家事を無理やり押し付けないことです

家事を押し付けない

古き良き日本では、夫が働き、妻が家のことをこなすというのが当たり前でした。しかし、今や女性の社会進出や妻がパートなどしないと家計が持たないなどの理由で、共働きの家庭も増えました。

そこで、登場するのが家事の分担です。これ、現代の結婚生活において非常に深刻な問題です。

なぜなら、多くの男性は、いまだに家のことは妻にやってもらいたいと思っています。なのに、現代女性は、「なんで私だけが家事をしないといけないの?」との考えを持っています。いわゆる両者の対立があるわけです。

結婚してしばらくは円満にいきますが、やがて家事は大きな問題として着々と成長していきます。

そして妻が夫に家事を押し付けるという問題が起こります。もし、あなたが専業主婦であれば、夫に家事を押し付けないでください。

で、ここで誤解しないでほしいのは「押し付けたらいけない」ということです。お願いする分には構いません。

例えば、夫が負担している家事でよくあるのが「ゴミ出し」と「風呂掃除」です。この二つも押し付けるのではなく、夫に上手にお願いしてやがて習慣化させるのが一番です。

夫にとって、妻から一方的にガミガミと家事を押し付けられるのはかなりのストレスになります。決して押し付けるのではなくお願いしてください。分かりやすいように比較してみます。

「あなた、このゴミを出してきて。これからゴミ出しはあなたの担当ね。会社の行きに出してね。」
「これから、あなたにゴミ出しをお願いできないかしら?会社の行きにでも出してくれると助かるわ。」

どうでしょう?同じことを言っているのに、受ける印象は全然違うと思います。なので、家事は押し付けるのではなく、お願いするという形をとってみてください。

あと、夫にはあまりたくさんの家事の負担はさせないほうが夫婦円満のコツです。もちろん、妻もフルタイムで働いていたら、話は別ですが…この場合でも、よく話し合って半分ずつくらいをMAXと考えて家事の分担をお願いしてみてください。

 ・その他の夫婦円満のコツ・秘訣の目次ページへ
 ・離婚回避ノウハウの目次のページへ     ・HOMEへ

離婚考えている方へ!まだあきらめるのは早い!

このサイトを見ているあなたは、夫婦仲が冷え切っていたり、離婚の情報を調べている方が多いと思います。しかし、心から本当に離婚しかないと思っていますか?可能であれば夫婦修復したいと思っていませんか?ラブラブ夫婦

絶対に離婚だと思っている人以外は、だめもとで夫婦修復を目指してみませんか?夫婦修復を試してから、それでもダメなら離婚という選択をしたらどうでしょうか。

夫婦修復の基本は、「相手を知り、自分が変われば相手も変わる」です。

では、いったいどうすればいいのか?については、こちらのページを!


このページのトップへ