手に職を持っている看護婦等の女性は離婚しやすい

手に職を持っている女性は離婚しやすい

手に職を持っている女性離婚しやすいというタイトルですが、言い換えたら、結婚後もそこそこの年収(おおよそ400万円以上)を稼いでいる女性は離婚しやすい傾向があります。

お金持ちの男性は浮気しやすいのページでも書いたのですが、女性は男性のお金に惹かれます。また「可能なら養ってもらいたい」という欲求もあります。

愛しているときは、お金の問題など重要視しない人もいるかもしれませんが、これが結婚後も妻の方が夫より年収が高い場合、それも、十分子育てしつつ生活していけるだけの年収を稼いでいたとしたら、その愛が薄れてくると、だんだん夫と結婚生活を送る意味を感じなくなります。

はっきり言って、女性はわがままです。そんなときに夫の嫌な面や気に食わない点が目に付いたとします。そもそも、パートナーに嫌な面が何一つないなんてことはありえません。しかし、そうなると、お金の面で夫に養ってもらう必要のない妻は、離婚という2文字が途端に頭をよぎります。

つまり、手に職をもってお金を稼いでいる妻は、そうでない妻と比べて我慢をしなくなるということです。

そして、それは徐々に膨らみ、やがては何やかやと理由をつけて、離婚を申し入れます。この理由なんてなんでもいいのです。「トイレのふたをしめない」「流しでうがいをする」なんでもありです。

夫は夫で、男のプライドで、自分の方が収入が少ないということに、少なからずひそかに気にしていたりもします。そんなとき、妻から「この甲斐性なし」なんて言われたら大喧嘩になり、離婚への大きな一歩を踏み出します。

ということで、まだ結婚をしていない人は、妻が使える資格など手に職をもって、夫より妻の方が年収が高くなると、離婚の可能性は高くなる傾向があるということを知っておいてもいいかもしれません。

ちなみに、こういう年収の高い妻と結婚生活を続けていく場合は、夫は、妻にあまり不満を感じさせないようなほんとにいい夫にならないと離婚に至りやすくなります。なので、夫婦円満の秘訣マニュアルなどを買って、実践してみてください。

最後に、可能なら、「夫の収入1本で生活していき、家のことはしっかりと妻が守る。」これが夫婦円満の秘訣です。もちろん、夫はそのことをいばったり鼻にかけたらいけないことは言うまでもありません。要は、役割分担をしている夫婦こそ円満夫婦になれると思います。

シングルマザー率の高い職業

上記を踏まえて、ぶっちゃけます。実は、シングルマザー率が異常に高い職業があります。

それはなんだと思いますか?ちょっと考えたら、わかると思います。

答えは、看護婦です。シングルマザーなので、看護師とあえて書きません。
特に、小さな医院でなく総合病院みたいな少し大きめの病院に正社員で勤めている看護婦のシングルマザー率は異常に高いです。

では、なぜにそうなのか、検証してみたいと思います。

まず、看護婦の年収ですが、正社員であれば、そこいらの男性より高いです。だいたい350〜500万円が多いようです。もちろん、仕事が過酷な分当然だと思います。

次に、大きめの病院だと、育児施設なんかもあったりします。
そして、看護師の資格を持っていたら、わがままを言わなければ就職に困ることはまずありません。

さらに、看護婦は、患者さんや同僚との関係、仕事の過酷さなどで、家で愚痴を言いたいのに、夫はあまり聞いてくれません。それなのに、過酷な仕事をしているのに、自分が仕事の日に夫が家でごろごろなんかしていたら「楽な思いをして」なんて感じで不満が徐々に膨らんでいきます。

それに、過酷な仕事というのもあって、仕事をしているうちにだんだんと気が強くなります。白衣の天使は優しいと思うかもしれませんが、ものすごくわがままで気が強い人が多いのも事実です。

それらすべてを兼ねそろえた看護婦が、結婚生活をする必要性を感じなくなり離婚を申し入れるわけです。

さらに、もともとシングルマザー率が高い職場なので、経験者からの話を聞く機会にもさらされます。そういった人たちは、自分の離婚が失敗でも成功でも「離婚してよかった」と言います。つまり、後押しもされるわけです。

こういった理由で、大きめの病院に勤めている看護婦は離婚しやすいと言えます。もちろん、すべてがすべてではありませんが、大きめの病院ではシングルマザー率が高いというのは、当の看護婦や医療関係者からよく聞く話です。

もし、これを看護婦の人が読んでいたら、不愉快に思うかもしれませんが、なぜに敢えて書いたかというと、年収のある看護婦の人は、そういった傾向があるということを踏まえ、もし離婚が頭をよぎったら、夫と愛し合っていた頃や、結婚直後の幸せなときなどもう一度思い返して、職場の環境に影響されることなく自分で正しい判断をしてほしいからです。

すくなくとも、離婚は子供にとってストレスです。
そういった意味でも、看護婦の皆さんは、このページでそういう傾向があるということを知り、そこを意識して生活すれば、少しは離婚に至りにくくなることは間違いないです。

 ・その他のこれから結婚する人への情報の目次ページへ
 ・離婚回避ノウハウの目次のページへ    ・HOMEへ

離婚考えている方へ!まだあきらめるのは早い!

このサイトを見ているあなたは、夫婦仲が冷え切っていたり、離婚の情報を調べている方が多いと思います。しかし、心から本当に離婚しかないと思っていますか?可能であれば夫婦修復したいと思っていませんか?ラブラブ夫婦

絶対に離婚だと思っている人以外は、だめもとで夫婦修復を目指してみませんか?夫婦修復を試してから、それでもダメなら離婚という選択をしたらどうでしょうか。

夫婦修復の基本は、「相手を知り、自分が変われば相手も変わる」です。

では、いったいどうすればいいのか?については、こちらのページを!


このページのトップへ