瑕疵ある結婚とは 同棲のすすめ

瑕疵ある結婚

これから結婚しようと夢見ている人や、ラブラブの恋人たちによくあることなんですが、夫婦円満の秘訣というものではないが、当たり前すぎて見逃しがちなことを書きます。

それは、瑕疵ある結婚をしないことです。瑕疵(かし)とは、一般的には欠点や傷の事です。瑕疵ある結婚というのは、私が表現している語句なので、実際の言葉ではないのですが、要するに、幸せになれない結婚や離婚する可能性が非常に高い結婚だと思ってください。

もっと分かりやすくいうと、離婚が約束されているような結婚や、幸せななれないような相手を選んで結婚するということが瑕疵ある結婚というです。

「なんだ、そんなの当たり前じゃん」という人が多いと思いますが、この当たり前のことがあまりにもできていない。やはり、恋は盲目なのです。

基本的に、恋愛中はラブラブで相手のいいところばかりを見ようとします。というか、見ることが多いです。おまけに「好き」というフィルターがかかっていますので、致命的な欠点があっても、見ようとしなかったり許してしまいます。

よく言われる事ですが「結婚前は相手を両目でよく見て、結婚したら片目をつむる」という心がけを結婚する前から意識して持っておきましょう。

とはいえ、少々であれば2人で協力して乗り越えていけるでしょう。
絶対避けたいのは、致命的な欠陥があるにもかかわらず結婚してしまうことです。
でも、本人は不思議とそのことが分かりません。こういう場合、わりと友達がそういうことを見抜いていることが多いです。

友達もめでたい気持ちを壊さないように、「その人と結婚しないほうがいい」というようなことを言いにくいと思いますが、そこは言ってあげて下さい。

そして、言われた方も怒ったりせず真摯に受け止め、ちょっと客観的に見るように努めてください。ただ、助言を受けたとしても、たいていの場合は聞いてくれません。そして、のちのち夫婦関係が破綻して「なんでもっとしっかり言ってくれなかったの!?」と自分勝手に逆切れするパターンが多いのが常です。

とにかく、瑕疵ある結婚はしないようにしましょう。

同棲のすすめ

瑕疵ある結婚をしないためには、友達の意見を聞き流さず参考にするのがいいのですが、それ以外にも色々とあります。

いきなり結婚ということはほとんどないと思います。いくらかは交際期間があるはずです。ひとつには、紙にでもその交際期間で気づいた相手のいい点と悪い点を書いて比較してみましょう。で、冷静に分析してみてください。ひょっとしたら致命的な点が見つかるかもしれません。あくまで探すのは致命的な欠点です。

とはいえ、交際中は致命的な欠点など見せないのが普通です。で、あれば、とりあえず同棲という手もあります。同棲をすれば、付き合っているだけでは分からない色んな面が見えてきますので、とりあえず、期間を決めて同棲してみることをおすすめいたします。

当事務所では、同棲期間中の金銭の負担や家事の分担、さらには同棲の解消までも取り決めた同棲契約書も作成していますので、興味があればご相談ください。

  ご相談はこちらまで (相談料30分につき4200円)
  TEL 050-1030-7109(IP電話) 受付:火曜〜土曜の10時より

瑕疵ある結婚の見抜き方

同棲しようがしまいが、瑕疵ある結婚の見抜き方はあります。
ただ、同棲したほうが、そういうことがよく分かります。

ということで、どんなのが瑕疵ある結婚になるのか、簡単にその傾向を書いてみます。

まず、全然知らない他人に対する態度を見てみましょう。例えば、お店の店員とかに対しての態度です。もし、そんな大したことでもないのに店員に対してものすごく怒ったり、偉そげだったりしたら、将来、恋愛感情がなくなったときに、その態度があなたに向けられると考えてください。

次に、ギャンブルで借金を作っているかいないかも重要です。恐ろしいことに、ギャンブル依存症という治療が非常に難しい病気もあります。もし、そうであれば「結婚したらギャンブルを止めてくれる」というのは、かなりハードルが高い願いになります。このパターンはお金で非常に苦労する結婚生活が約束されています。

さらに、「縛りまくる」という人もNGです。たしかに、適度な縛りは、夫婦であれば当然に必要ですが、過度の縛りは人間性を喪失させます。夫婦であっても人間です。相手の干渉を受けない少しの自由くらいないと、長い結婚生活は持ちません。

また、宗教観も重要です。日本国憲法では信教の自由が認められていますが、この宗教観の違いから離婚になる人は多いです。とくに、怪しい宗教にはまり、高額なお布施をしたり、いう事を全く聞かなくなったりしたらもう夫婦関係は成り立ちません。もちろん、きちんとした宗教でも、家庭を顧みないような過度の宗教活動は大NGです。そして、その世界から抜け出させるのは不可能に近いということも知っておいてください。なので、結婚をする前には、相手の宗教観は絶対に把握しておきましょう。

あとは、友達を見ましょう。類は友を呼ぶです。どんな友達と付き合っているかということは、その人の人間性を見るのには、いい参考資料になります。犯罪者予備軍みたいな怪しげな人間ばかりが友達だったら、やはりろくなことにならないと思ってもいいでしょう。

とまあ、瑕疵ある結婚を避けるための見分け方をいくつか書いてみましたが、あくまで致命的かどうかという程度の問題で判断してください。そして、婚約(結婚する約束)をしていないのであれば、結婚することも再検討してみてください。

 ・その他のこれから結婚する人への情報の目次ページへ
 ・離婚回避ノウハウの目次のページへ    ・HOMEへ

離婚考えている方へ!まだあきらめるのは早い!

このサイトを見ているあなたは、夫婦仲が冷え切っていたり、離婚の情報を調べている方が多いと思います。しかし、心から本当に離婚しかないと思っていますか?可能であれば夫婦修復したいと思っていませんか?ラブラブ夫婦

絶対に離婚だと思っている人以外は、だめもとで夫婦修復を目指してみませんか?夫婦修復を試してから、それでもダメなら離婚という選択をしたらどうでしょうか。

夫婦修復の基本は、「相手を知り、自分が変われば相手も変わる」です。

では、いったいどうすればいいのか?については、こちらのページを!


このページのトップへ