夫婦円満において携帯メールは注意しないと魔物に!

携帯メールは夫婦円満の魔物

メールは、夫婦円満において、使い方を間違うと魔物だということについて書きます。

現在、パソコンや携帯でメールは誰でもが気軽にすることができる便利なツールになっています。実際、友人・知人・仕事関係などにメールをする機会が多く、現代社会においてなくてはならないものになっています。

しかし、メールは魔物です。便利で気軽な反面、使い方ひとつ間違うと取り返しのつかないことになります。

なぜなら、メールだと相手の顔が見えない、文字だけなので気持ちが伝わりにくく誤解を生みやすい。なのに、消さない限り手元に残るなどがあるからです。電話でも、声の抑揚や間合いなどで色々と分かりますよね。メールだとこれがほとんどないんです。

特に、手元からすぐに送ることができる携帯メールは要注意です。絵文字を入れることによって、いくらか気持ちを誤解させにくくすることはできますが、やはりどう取られるかは相手次第です。

実際、私の周りにもメールの下手な人間が多数います。読んでて「ケンカ売ってんのか!?」と思うことはあります。そういう時、ぐっとこらえて電話してみると、全然そんなことはなくごく普通だったりもします。

なので、メールは魔物なのです。一つのポイントとして、そのメールを読んだら相手がどう思うか?を必ず考えながら見直す癖をつけるのがよいと思います。

さて、夫婦間でのメールは特に魔物です。
夫婦喧嘩したあとなんかは、ついつい過激なメールを送ったりすることもあるでしょう。メールの怖い点の一つに、書いてるうちにどんどん気持ちが高まってくることがあります。ようするに、書いてるうちにどんどん腹が立ってくるということです。

そんなメールを相手が受け取ったりしたらどう思うでしょうか?そして、それが手元に残るんです。

なので、夫婦喧嘩の怒りにまかせたメールは、夫婦円満を目指すなら絶対に送ってはいけません。下手すりゃ、それが原因で離婚に発展するかもしれません。

あと、メールを送っても、圏外などでびっくりするほど遅れることがあります。特に、他社携帯間やパソコンから携帯に送る場合などは、何かのタイミングで半日遅れるなんてことが街中であっても起こりえます。

夫婦間では、特に気軽にメールは活用されます。「帰りに、お豆腐買ってきて」なんてメールを送ったりもするでしょう。だけど、それを買い忘れた場合でも、怒らないようにしましょう。

だって、本当にメールが着いてない場合や読む暇がない場合もあるからです。そうなんです。メールは一方的な分、トラブルにもなりやすいということです。特に夫婦間ではなおさらです。

だったら、「確認のために返信ください」と送ったとします。で、うっかり返信を忘れたりします。そしたら「なんで返信しないの!」となることだってあるわけです。なので、返信を求めたり強要するのもほどほどにしてくださいね。

とにかく、夫婦間だからこそ、メールにおいても最低限の気を遣いましょうね。
これが、夫婦円満のコツ・秘訣の一つです。

 その他の夫婦円満のコツ・秘訣の目次ページへ  HOMEへ

離婚考えている方へ!まだあきらめるのは早い!

このサイトを見ているあなたは、夫婦仲が冷え切っていたり、離婚の情報を調べている方が多いと思います。しかし、心から本当に離婚しかないと思っていますか?可能であれば夫婦修復したいと思っていませんか?ラブラブ夫婦

絶対に離婚だと思っている人以外は、だめもとで夫婦修復を目指してみませんか?夫婦修復を試してから、それでもダメなら離婚という選択をしたらどうでしょうか。

夫婦修復の基本は、「相手を知り、自分が変われば相手も変わる」です。

では、いったいどうすればいいのか?については、こちらのページを!


このページのトップへ