成長期における男と女の違いの例

男と女の成長期の違い

結婚後、夫婦円満でい続けるための基本中の基本として、男と女の違いを知っておくことが大事です。例えば、男と女では、体も違いますし、成長の過程も違います。

成長の過程でいえば、漫画ひとつをとっても、男が子供の頃に好んで読んだ漫画はヒーローやアクション、戦闘物が多いと思います。かたや女性は、少女漫画によくあるような恋愛ものを小さな頃から読んで過ごします。

これが、中学生や高校生の男女の恋愛力の差を生みます。男性が「かめはめ波ー!!」って興奮して読んでいるときに、女性は少女漫画で恋愛のシュミレーションをしているわけですから、そりゃ差がつくのも当然です。

漫画だけでなく、幼少期の遊びとしても、女性は「おママごと」をしているときに、男性は「○○ごっこ」なんてことをしているわけです。

つまり、女性は男性と比べて、恋愛や結婚のシュミレーションをしている分、結婚生活に夢見ていることがより具体的です。このスタートラインの考え方が、男のほうが子供だということを知っておいてください。

そもそも、男性は、「いくつになっても子供」なところがあります。よくいうマザコンなんていうのも、母親にいくつになっても甘えたいという心理からきているところがあります。分かりやすい例を挙げると、男性はいい年をしたおっちゃんでも、おもちゃ売り場に行けば子供とかわらないくらい楽しめます。子供のおもちゃを買いに行ったのに、子供よりお父さんのほうが目をキラキラさせて楽しんでいるなんて事、思い当たる妻は多いのではないでしょうか。

ということで、女性は、「男性はいくつになっても子供な所がある」というのを覚えておいてください。

また、男性は、子供の頃から「男の子なんだから、我慢しなさい」とか「男の子は泣いちゃいけません」という風な教育を受けています。これによって、男性は感情を女性よりも表に出さずに我慢するようになります。男だって、女に負けないくらい本来は、泣き虫です。

こういうことから、男性は女性が感情をすぐ表に出すことを理解できない傾向があります。男性は、そこのところはそういうもんだと思っておきましょう。

成長期の違いを少し書いただけでも、男女では違いがあります。そのことを理解して受け入れれなければ、「なぜ〜なの?」と結婚後夫婦のすれ違いが生じます。夫婦円満秘訣として、こういうことがあるのだということを知って、相手を尊重しましょう。

離婚考えている方へ!まだあきらめるのは早い!

このサイトを見ているあなたは、夫婦仲が冷え切っていたり、離婚の情報を調べている方が多いと思います。しかし、心から本当に離婚しかないと思っていますか?可能であれば夫婦修復したいと思っていませんか?ラブラブ夫婦

絶対に離婚だと思っている人以外は、だめもとで夫婦修復を目指してみませんか?夫婦修復を試してから、それでもダメなら離婚という選択をしたらどうでしょうか。

夫婦修復の基本は、「相手を知り、自分が変われば相手も変わる」です。

では、いったいどうすればいいのか?については、こちらのページを!


このページのトップへ